MENU

返済計画を立てて借りるなら金利負担は抑えられる

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといった目的型のローンと比べると金利が高くなるのがカードローンですが、金利負担は返済の計画によっていくらでも抑えられるようにもなっています。

 

借りる金額と期間に対してかかる金利は、例えば借りる金額を少なくする、借り入れ期間を短くするといった使い方であれば、そこまで大きな負担とはなりません。金利が高いとされる消費者金融の利用であるとしても、少額を短期間での利用にすると金利負担は抑えられます。

 

上限金利で年18.0%程度となる場合が多い消費者金融は、大きな金額を数年間かかけて完済をするような使い方としてしまうと、どうしても金利からかかる利息の支払額がかさんでしまいます。最終的に借りた金額の半分近くを利息をして支払わなければならない場合もあるので、余計な利息を減らす、金利負担を軽くするためにも返済計画はしっかりと立てなければなりません。

 

計画さえ立てれば消費者金融は早い審査と融資ですぐに借りたいときにも頼れるので、困ったときには大変便利なサービスとなり得ます。冠婚葬祭が続く、出費が増えて給料日までの生活費が足りなくなってしまったなどの場合には、最短即日融資も可能となる消費者金融が便利です。

 

プロミス、アイフル、アコム、モビットといった大手の信頼ができる消費者金融ならトラブルもなく利用ができる場合が多いので、まずはネットで進められる早い審査の申し込みを行ってみましょう。申し込みから契約に関しての流れが分からない場合には消費者金融の審査情報を見ておくとスムーズな手続きが可能となるので、初めての方は確認をしておくことをおすすめします。

 

大手有名消費者金融なら土日でも最短即日融資に対応をしているので、週末にお金が必要となってしまってもその日のうちに現金が用立てられ、とにかく助かります。返済も月々の約定返済額に加え、任意での繰上げ返済も自由に行えるので、しっかりとした返済計画のもとで利用をすれば消費者金融は怖くは無いのです。